強さランキング

【怪獣8号】キャラクター最新強さランキングTOP10!!【47話時点】

怪獣8号

10位:怪獣9号

9体目の識別怪獣で、主に「怪獣8号」に傷を与える程の威力を持つ目に見えない衝撃波を放って攻撃する。

怪獣を強度を上げて復活させたり、人間を食べることでその姿に成り代わることが出来る。

他にも擬態空間を使った一定区域の外界からの遮断や怪獣の位置察知、怪獣の死骸を引き寄せることも可能。

学習能力が非常に高く、地面や建物に根を張り巡らせて、相手を囲んで大爆発を起こすことも出来る。

9位 怪獣10号

防衛隊基地を襲撃した推定フォルティチュード8.3の識別怪獣で、推定フォルティチュード6.2~6.4(本獣クラス)の翼竜系怪獣複数体を束ねて登場した。

殴打の威力は隕石並みで、硬さは怪獣8号を超える。

巨大化して超高温の蒸気を発した後は、サイズの大型化と共にフォルティチュードが9.0まで上昇した。

大型化後は背中に大量の目が付き、死角がなくなったことで、保科副隊長を圧倒した。

8位 亜白 ミナ

日本防衛隊第3部隊隊長で師団長候補。

27歳にして数百体の怪獣を討伐しており、解放戦力は96%に達している。

「伐虎」という白い虎を連れており、背中を支えてもらい銃の反動を抑える役割をしている。

保科副隊長とキコルの手助けがありつつも、怪獣10号を撃破していることからこの順位に。

7位:伊丹 啓司(いたみ けいじ)

日本防衛隊副長官。

6位:四ノ宮 ヒカリ

「四ノ宮功」の妻で、元日本防衛隊第2部隊隊長。

識別怪獣兵器(ナンバーズ) の一つである 怪獣4号ベースに作られた”ナンバーズ4”を使い戦う。

5位:怪獣2号

札幌市を壊滅寸前まで追い込んだ識別怪獣。

4位 四ノ宮 功(しのみや いさお)

日本防衛隊長官でかつては防衛隊史上最強と謳われた男。

識別怪獣兵器の一つである怪獣2号ベースに作られた”ナンバーズ2”を使い戦う。

隊式格闘術とシールドを使え、シールド出力を全開にすれば、怪獣8号の攻撃をギリギリ耐えられる程。

作中で唯一、怪獣8号とそこそこやり合えた人物。

以下、四ノ宮功が使う技一覧。

  • 隊式格闘術2式「発破」ソニックブームにより範囲を拡張した打撃。
  • 隊式格闘術2式「双破」両腕から爆破で攻撃する技。

3位 怪獣8号

推定フォルティチュード9.8(歴史に残る大怪獣レベル)の識別怪獣。

主に肉体の変形と怪獣の修復速度を遅くさせる効果も持つ殴打で戦い、叫ぶことにより衝撃波を発生させ、相手の攻撃を中和することも可能。

推定フォルティチュード6.4の怪獣のエネルギー弾では微塵もダメージを与えることが出来ない。

怪獣に対する豊富な知識と、「四ノ宮功」すら上回る実力からこの順位に。

2位:鳴海 弦(なるみ げん)

日本防衛隊第1部隊隊長で、日本最強の対怪獣戦力。

解放戦力は98%に達しており、自身の身長より大きい銃剣を専用武器として使用する。

突き刺した後、内部から怪獣を爆破したり、斬ると同時に焼くことで再生を遅くさせることもできる。

更に「怪獣1号」の網膜から作られた日本最古の識別怪獣兵器”Rt-0001”を眼球に所持しており、相手の身体組成を見通すことが出来る。

1位:怪獣6号

10年前の群発災害を引き起こした識別怪獣で、200人以上の隊員と四ノ宮ヒカリ隊長を含む3人の隊長が犠牲になった。

討伐後、識別怪獣兵器とされたが適合者がいなかった為、封印された。

強すぎた為、適合者がいなかったと判断し、この順位に。