強さランキング

【銀魂】キャラクター最新強さランキングTOP10!!【最終話まで】

10位:坂田 銀時(さかた ぎんとき)

主人公で、かつて攘夷志士だった頃には「白夜叉」の異名で恐れられており、桂、高杉、坂本の三人合わせて攘夷四天王と呼ばれている。

人間離れした身体能力と高い剣術で数々の強敵を葬ってきた。

流石に強者揃いの夜兎族よりかは劣るものの、彼らが相手でも物動じずに立ち向かい応戦している。

人間キャラなら間違いなく最強クラスのキャラ。

9位:阿伏兎(あぶと)

宇宙海賊「春雨」の第七師副団長の夜兎族。

仕事上、数々の戦いを経験しており夜兎ということもあって高い戦闘力を持つ。

吉原での戦いでは隻腕の状態で神楽と新八を圧倒した。

8位:神楽(覚醒時)

夜兎族の少女。

吉原での戦いで新八が殺されそうになった際に、夜兎の本能に目覚め今まで新八と二人がかりでも圧倒された阿伏兎を逆に圧倒した。

阿伏兎曰く「化け物」と評されているが、この状態になると理性が失われるので必然的に隙が生まれやすくなる。

7位:王蓋(おうがい)

傭兵三大部族・荼吉尼族のリーダー格。

柳生四天王を一瞬の内に倒しており、万事屋の三人と九兵衛でやっと抑え込めた。

6位:鳳仙(ほうせん)

吉原桃源郷の桜主で「夜王」の異名を持つ夜兎族。

かつて星海坊主と三日三晩に渡る戦いを繰り広げた吉原での戦いでは神威と互角に渡り合った。

銀時との一対一で彼を圧倒し、百華の加勢あっても終始優勢を保っていた。

弱点として長い間浴びる事がなかった為か他の夜兎以上に日の光に弱く、少し浴びただけでも皮膚が焼け落ち著しく弱体化してしまう。

5位:屁怒絽(へどろ)

三大戦闘部族の一つである荼吉尼族の男性。

満身創痍の状態とはいえ銀時らが苦戦した王蓋をパンチ一発で倒しているが、それ以外の戦闘描写が乏しい為この順位。まぁギャグキャラだからね仕方ない。

4位:神威(かむい)

神楽の実の兄で宇宙海賊「春雨」の第七師団団長の夜兎族。

夜兎屈指の実力者の鳳仙の下で戦いを教わり、若くして団長に登り詰めた。

父親である作中最強クラスの星海坊主や師匠の鳳仙などと互角に渡り合っている。

烙陽で銀時と戦った時にて星海坊主に「今のあいつの力は鳳仙をも上回る」と言わしめており、阿伏兎、新八、神楽の助太刀があっても終始優勢だった。

3位:星海坊主(うみぼうず)

神楽と神威の父親で「宇宙最強の掃除屋(エイリアンバスター)」という二つ名を持つ。

その名に恥じぬ実力者であり若い頃は鳳仙と三日に渡る戦いを繰り広げ、烙陽にて片腕の状態で神威とやり合い虚を一時的にとはいえ倒している。

五体満足の状態なら神威より強いと思われる。

2位:江華(こうか)

神楽と神威の母親である夜兎族。

アルタナの力を持ち不老不死を保っていたが、神楽を出産した頃には力は弱まった。

夜兎の例に漏れず実力は高い模様で星海坊主も最初見た時から負けを悟るレベル。

アルタナが満ちた徨安内であれば虚ともまともにやりあえる可能性が高い。

1位:虚(うつろ)

かつては吉田松陽という人間として生きていたアルタナの力を持つ人物。

アルタナの力で不老不死である事に加え、高い再生力を有している。

剣術面においても真選組で一二を争うの腕を持つ沖田や銀時を圧倒した。

完全に不死という都合上、正当法及びタイマンで虚に勝つのは難しい。